FC2ブログ

シンプルモダンで エコ&コンパクト&ローコストな家

うららか日和 my home diary

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

無題

次女が風邪を拗らせています
偏食の割に普段から体力があり、姉より強い3歳児riraですが、今回はriraが先に貰ってきました(笑)クラスでインフルが流行っているらしく、熱を出した日にすぐ小児科でインフルの検査を受け、無事陰性。でもなかなか熱が下がらないので、本日再度小児科でインフルとRSウイルスの検査。でも両方陰性。単に風邪を拗らせている状態らしいです。
究極のかまってチャンになっているので、新居の購入物検索もストップ。もちろんブログもストップ。長女と違ってお昼寝も短いため、一息つくとすぐ目を覚まして、ママ!ママ!抱っこ!これ(絵本とか)読んでぇ~!…となります。

はっぱ

さて、残念なクロス貼りも終盤を迎え、ほとんど挨拶も無い毎日からようやく解放されようとしていた、ある日。
いつもの無言のお茶出しの後、仕事へ行こうとしていると、クロス屋の店長が現自宅まで来て言いました。


玄関のアクセントクロスを変更してほしい…と。


このアクセントクロスの場所は、メインの内玄関とウォークスルー土間を仕切る壁で、必ず手を付くだろうからと汚れ防止の機能性クロスを選んでいました。白いタイルを積み上げたような凹凸のあるタイプで、しかも光沢もあり、さり気なくオサレなセレクトのつもりでしたが、施工者に言わせると『最悪なパターン』なのだそうです。


何が最悪か。まず、そのクロスを貼る場所が悪いと。仕切り壁を囲うようにクロスを貼らなければならないので、どうしても凸面ができます。平面や凹面なら綺麗に貼れる物も、凸面だとボロが出やすいそう。


何故か。貼るクロスが機能性クロスだから。私達が選ぶ機能性クロスは特に硬いそうで(そりゃそうでしょう!わざと表面強化タイプを選んでますから!)硬い物を折るだけでも難儀なのに、クロスの柄が横柄で、ますます綺麗に仕上がらないと。特にこの季節でしかも玄関先で寒く、通常のクロスでも綺麗に貼るのは難しい中、この機能性クロスはお手上げだと、こういう訳です。


ここまでは、不満ながらも理解できる内容でしたが、社長の提案は『全てベースのクロスで統一しましょう!』と。『そうすれば、今抱えているあらゆる問題が解決します!』と。いや、私にとっては、わざわざ機能性クロスを選んだ目的が全く解決されません。


『そうしましょう!』と言われ、押しに負けて心にも無く『…わかりました』なんて言ってしまい、社長は『よろしくお願いします』と現場へ戻って行きました。


さあ!心の中で葛藤です!!
今言わないと!ベースのクロスが貼られてしまう!
それでは困る!何の為に機能性クロス選んだんだよ!何従ってんだよ!!
モヤモヤモヤモヤ…。

・・・

やっぱり納得できず、現場へ戻る私。社長に「やっぱりベースで統一はちょっと…」とご相談。
「必ず手を付く場所なので、機能性クロスを選んでたんです」
社長は聞いてくれました。モヤモヤ考えて、私なりに思いついた解決策は…。


「社長さんがこれなら貼りやすくて、この場所に合うと思う汚れ防止のクロスを選んでは下さいませんか?」


もはや丸投げ。しかし社長はと言うと。『ああ!それならOK!!今はカタログ無いから、夕方でも職場にカタログ持っていくから。俺も合いそうなクロス選んでおくんで』とノリノリ!!


え?つまりそういうことだったの??

…と今更気付く私。社長は自分のアドバイスでクロス選びをしたかったのです。だから年明けにクロスを貼る前に、見づらい仕様書だからと、自分のカタログを持ってくるから選び直そうと言ったのです。それを、選んだクロスの見本ならありますと断ってしまった私。その時点で社長のご機嫌を損ねていたという訳だったのです。もはやハウスメーカーの存在って何?って感じですが、その理由も後から書きます。


***


さて、夕方、約束通り社長さんが職場へ来られました。早速カタログを開き、見せてもらった社長のセレクトは、黄色が強い明るいクリーム色と、爽やかな淡い水色。そしてどちらも細かな織目調。


社長「ベージュとブルー、どちらもすごく上品な色で、白でまとめたお宅の玄関に良く合いますよ」


ベースが白の塗り調なので、できれば石目調か塗り調で行きたい私達。さすがの夫も「…う~~~ん…。白…で似たようなタイプが良いかも」とやんわりお断り。

社長「白も良いですけどね。ベージュを使うと、ぐんと品が出るんですよね」

「家の風格も上がると言うか、だから最近の家では外壁もベージュの家が多いですよね?あれは、そういう事なんです」

「この間話した◯◯家のクロスも、アクセントにはベージュを結構使いましたよ」

うちのスタイルはモノトーンで、白と黒と中間色のグレーを多用しているので、玄関だけベージュ(って言うかどー見てもクリーム色)を採用したいとも思わず、先に仕事へ逃げた戻った夫の代わりに、やっぱり白で…とお願いしました。


そうしたら、白いクロスのページを開いてくれて、ベースに似た感じの塗り調の機能性クロスを何点か選んでくれました。その中から、更に社長のオススメで、表面がつるつるしたタイプの汚れ防止の機能性クロスに決定しました。


そこに至るまで、社長のクロストークは続き、
「機能性クロスって言うのは、表面がラミネート加工されているクロスを指すんだよ」
えっ?それは表面強化タイプで、珪藻土クロスとか、調湿・脱臭・マイナスイオンなんちゃらとか、そういうの引っ括めて機能性クロスって言うんじゃないの??

「1面だけアクセントクロスは良いけど、それ以上はクドイよ」
えー?選ぶクロスによって違うんじゃないのー?全部の部屋1面だけアクセントにしてたら、形式的で私には物足りないんだけど…そういうもの?

「白は良いけど汚れ目立つよ。だから俺はベージュを勧めたんだけど、まぁ住む人が良いっていうんだからね」
まぁそれも一理ありますが…。それでもクリームや水色の織目調はイメージ違い過ぎるのですが…。


そんな話を聞きながら、もちろん反論やグレー文字のような心の声は一切口にせず、そうですね~、そうですよね~、と接客。無事、ラミネート加工の白い塗り調クロスを採用してもらえました。

・・・

さて、ベースのクロス貼りは回避することはできたけど、無難な雰囲気になるんだろうな…。残念だなぁ…。と思っていたところ。

社長の独断で変更が決まり、社長のアドバイスによって決まった塗り調クロス。


めちゃめちゃ素敵に仕上がりました♡


塗り調の模様が、ベースクロスとは違う味があり、夫も「カッコイイ!!」と大絶賛。もともと選んでたクロスより良いみたい(笑)いや、それは言い過ぎか。でも変更させられたことは後悔してないくらい、大満足な壁になりました♡


こんなことなら、他の変更させられた壁も、社長に別なクロスを選んでもらってればよかった!と、そっちが後悔でいっぱいです。
今までにも何箇所か、柄クロスの割合を減らされたり、機能性クロス部分をベースに統一させられたりした部分があるので、そこはずっと引っかかっています。今更どうしようもない訳ですが。


いちばんガッカリしたのは、リビングの仕切り壁。結局夫の希望通りのクロスを貼ってもらったのですが、タイル柄がボコボコに浮いた感じになり。社長はそれも想像通りだったらしいです。で、失敗なのでボンド注入で補修しました!と。綺麗になりましたから大丈夫です!と。新築なのに…。


***


こんな感じで、クロスに関しては色々ありましたが、社長の言葉で一番びっくりしたのは、名ばかりの現場監督についてです。

クロス屋社長が言うには、名ばかり現場監督のMさんはほとんど現場には来てないらしく、実質現場監督の仕事をしているのは俺(クロス屋社長)だと言うのです∑(゚Д゚)

電気屋さんの仕事がケリついたから、次の設備屋さんに連絡したり、クロスが貼り終わるからとタイル屋さんに連絡を入れたり、今の状況をMさんに報告したりと、そういうことを社長がやっていると。この会社はいつもこうだと。それって…。


確かにクロス屋社長は、HMを経営する本社の社長と義理の兄弟ですが、それって…どうなの?って、思ってしまいました。


もっと早く分かっていれば、もっと上手にクロス屋社長に取り入って、社長の鶴の一声であれもこれもランクアップしてもらえたのかしら…。と、良からぬ思想を思い巡らすのでした。


そして散々悪者化している名ばかり現場監督の話は、次回に回します。長々とお付き合いありがとうございました。

はっぱ

最後まで読んで下さってありがとうございますまたどうぞお立ち寄りください

お帰りは こちらから どうぞ
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

リアルタイムな参考に


拘りや工夫の参考に
みんなのWeb内覧会
WEB内覧会<総合>
WEB内覧会*外観
WEB内覧会*玄関
WEB内覧会*リビング
WEB内覧会*ダイニング
WEB内覧会*キッチン
WEB内覧会<和室>
WEB内覧会*洗面所
WEB内覧会*お風呂
WEB内覧会*トイレ
WEB内覧会*寝室
WEB内覧会*子供部屋
WEB内覧会*階段
WEB内覧会*書斎
WEB内覧会*ワークスペース
web内覧会*ベランダ
WEB内覧会*外構


スポンサーサイト
  1. クロス
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

urara

Author:urara
30代でマイホームを
建てることになりました
シンプルモダンで
快適に暮らせるおうちに
したいと思っています
おうちづくりの経過を
綴っています

家づくりの経過

2013.03 新築計画始動  2013.09 増税前に契約  2013.11 契約一旦保留  2014.04 土地造成開始  2014.06 土地造成完了  2014.07 予算と奮闘  2014.08 間取りが確定  2014.09 詳細の決定  2014.10 着工!基礎工事  2014.11 上棟~建物工事  2015.01 竣工予定だが… 

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。