FC2ブログ

シンプルモダンで エコ&コンパクト&ローコストな家

うららか日和 my home diary

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

無題

大変申し訳無いのですが、今回はタイトル通り、家についての内容ではありません。カテゴリー違いなのですが、失礼を承知でここに書かせて下さい。

※ADHDについて、私は全くの無知な為に、偏見と受け取れる内容があるかも知れません。私としては無意識ですが、もしかしたら気分を害する言葉を使っているかも知れません。お心当たりのありそうな方は、申し訳ありませんが、以下目を通さずに閉じて下さいますよう、お願い致します。



先日、娘の3歳児検診に行ってきました。

内科の診察時、その後の心理士との相談で、『多動の傾向がある』…と言われました。

娘に…発達障害の傾向…?

言葉も病気も理解せず、娘は他人と違う…、それだけで、ただショックで動揺しました。

保健師さんからは、自分を責めないよう、そして娘の性質を理解し、全てを受け入れ、信じてあげるよう言われました。


…数日経った今もまだ、私も頭の整理ができていなく、落ち着く為に文字にしています。


ADHD:注意欠陥・多動性障害
多動性、不注意、衝動性を症状の特徴とする発達障害もしくは行動障害である。


以下、娘(3歳7ヶ月)について。

□環境・状態

・3歳児検診は午後からで、普段保育園でお昼寝をしている時間に行われました。

・当日は午前中に上の子の卒園式があり、前の晩から娘も興奮していました。朝も支度でドタバタし、いつもと違う状況でした。

・朝の検温では熱が無かったのですが、夕方には38度越えの発熱で、検診時も多分(今考えれば)普通の状態では無かったのでは?と思います。

□状況

・検診会場は非常に混んでいて、また同級生も多数来ており、娘はかなり興奮していました。

・普段慣れない場所で、沢山のおもちゃと沢山の絵本に囲まれて、とても喜んで夢中で遊んでいました。

・身体計測では、服を脱ぐのを嫌がり(風邪で怠いなら当たり前ですよね)、でもその後はすんなり計測できました。

・保健師さんの面談では、積木も上手に積め、絵本の絵にも反応し、人の顔も上手に描けたので、特に問題視されることもなくクリア。

・聴力検査では、規定秒以上じっと座っていることができず、何回もやり直しさせられました。
(冬にインフルエンザの検査で、鼻に長い棒を2回入れられてから、診察に対して恐怖心を持つようになりました。。)
なので、椅子に座って誰かと向き合うという行動が、また鼻に棒を…と想像してしまうようで、そうなる前にと逃げたがって動いてしまうのです。

・歯科検診では、私が先に診察してもらった後ということもあり、素直に口を開けて診てもらえました。

・その後の内科検診で、診察室に入った途端、あのこと↑(鼻に棒…)を思い出したのか、椅子に座るどころか走って逃げて行ってしまい、連れてきては振りほどいて逃げてを何回か繰り返し、やっとのことで診察を終え、走っていった娘を背に、医師から『多動の傾向がありますね』と宣告。

問診で色々と聞かれて答えましたが、どれも当てはまる症状だったようで、要検査の欄にチェックが入りました。

・心理士さんとの面談では、多動傾向と言われた直後だったので、そのことを話すと、普段の娘の様子を聞かれ、気持ちの切り替えがうまくできないタイプなのかも知れませんね、と。それが日常生活に支障を来すレベルだと、ADHDということになります、と。

・歯磨きチェックもフッ素塗布も上手にできました。

・栄養相談では、偏食について相談しました。本人はつまらなくてどこかに遊びに行ってしまいました。

・最後に保健師さんとの個別面談で、顔見知りの保健師さんだったのもあり、相談しながら涙が溢れてしまいました。とても動揺していました。

自分を責めないよう、娘を受け入れるよう言われたのも、この時です。

上の子とは全く違う人格であり、全く違う人間であることを理解し、娘に合わせた育て方をしなければならない。そして娘は、上の子よりは育てるのが大変なタイプで、今まで以上に時間と手間と深い愛情をかけて育てていこう。そういう感じのことを言われました。

□その後

・連休前で、風邪薬が今日の分までしか無かったので、小児科へ行きました。そこで初めて、こんなに熱があったことが発覚。もしかしたら車で移動中(小1時間程度)に熱が上がったのかも知れませんが。

・かかりつけの小児科の先生に相談すると、まずは保育園の先生に、他の子と比べて日常的にどう感じているか詳しく聞いてみるよう言われました。その後専門機関の紹介はして下さるとのことでした。

・夜に謝恩会があり、その間だけ娘を同居の祖父母に預かってもらい、娘の担任に話を聞くと…。

もしかして…と、心配したことが何度かあった…と…。

□保育園での様子

・去年の春頃は、お友達と一緒の行動ができないことがあった。遊んだ後の手洗いや、座って給食、並んで歯磨き等。

・今では先生と娘の信頼関係が出来上がっており、言えば何でも言うことを聞いてくれる…らしい。でも毎回率先して行動できるようでもなく。

・挨拶する時、目が合わない。

・ぬいぐるみや絵本等、独占欲・執着が強過ぎる。好きな物では何時間でも飽きずに遊んでいられる。

・寝るまでひたすら喋ってる。みんなの迷惑だよ、静かに!と言われて、はい!と返事をするも、しばらくするとまた喋ってる、らしい…。

(´・_・`)

□家では、というと。

・今まで、極度のワガママに育ててしまった…と思っていた(私が)。

・ご飯の時間だから遊びをやめなきゃいけない、そのタイミングが来るたびに怒るor泣き叫ぶor暴れる。素直にご飯だぁ~♪と席に着けるのは、余程お腹が空いているか、私と元々台所に居た時くらい。

・上の子とやたら喧嘩する。きっかけは上の子にある時も多々あるが、先に手を出したり噛み付くのはほとんどが娘。

・確かに集中力はすごい。絵本が好きで、好きな絵本だと何回も何回も繰り返し読み返したり、図書館や本屋さんでは次々と取っ替え引っ替え絵本を読み漁る。とにかく絵本が好きで、確かに何時間でも集中してそう。

・やりたくないこと、食べたくないもの、頑固でとことん反抗する。どんなに煽てても効き目なし、逆に叱るともっと手が付けられなくなる。

・普段自分でやらないことや出来なかったことを成し遂げた時、大袈裟に褒めると調子に乗って何でもやりたがる。

・お手伝い大好き。

・家族4人でまったりするのが大好き。

・毛布が大好き。

上の子がのんびりマイペース型なのに、娘は生意気なしっかり者だと思っていました。ただ、ちょっとワガママ過ぎるなぁ…とは思っていました。
でもそれもこれも、全部娘の個性だと。気性の荒い頑固な性格で、いやはや手がかかる…と思っていたんです。

まさか、脳に障害がある可能性があるなんて、想像すらしたことがなかったんです。

今は、まだそれ以上のことが考えられず、ただただ動揺している状態です。今後のこと、今までと違う育て方とは、まだまだ考えなくてはならないこと、行動すべきこと、沢山あるのですが、立ち止まって、まずは娘と向き合っています。

インターネットが身近にある環境から、色々と手探りで調べてしまい、沢山の情報に触れ、逆に混乱しているのも事実です。

迷い悩むくらいなら、専門機関に相談をした方が良いと思い、近々相談しに行ってこようと思っています。

どんな結果でも、私の愛する可愛い可愛い娘です。そして私が母親です。娘の全てを受けとめます。当然です。

まだ引っ越しも済んでいないのですが、家の話は少し落ち着いてから書きたいと思っています。

私のブログは、図々しくもブログ村に参加しており、カテゴリーは全て家の関係に所属しています。
おうちブログから来てくださる方の中には、お子さんがいらっしゃる方も多いのではと思います。丁度うちの娘と同じような小さいお子さんを子育て中の方や、もう子供さんが大きく成長された子育ての先輩方も多くおられるのではと思います。

安易に触れにくい難しいテーマですが、もし、私に前向きなアドバイスを下さる方がおられれば、ぜひ、どうぞよろしくお願い致します。

親のくせに…
情けない…
偏見だ…
差別だ…
大袈裟な…

親のくせに、動揺して情けない。この気持ちは私も重々感じております。しかしながら、他人様からのそのようなコメントは、今の私には受けとめる余裕がないので、申し訳無いのですが遠慮させて頂きます。

長々と失礼致しました。気を悪くされた方には、大変申し訳ありませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

  1. 家族
  2. / trackback:0
  3. / comment:30
  4. [ edit ]

  1. 2015/03/22(日) 22:56:09 |
  2. URL |
  3. どんぐりん
  4. [ edit ]
えらそうに書ける立場のものではありませんが・・・ ついついタイトルから入ってきました。
uraraさんも書かれてますが まずは専門の機関でご相談されるのが一番だと思います。
ネットではいろんな情報がでていると思いますが それで一喜一憂されるより専門機関ですよ。
ひとくちに発達障害と言っても その子その子で違うようですし ネットには責任のあるものもないものもありますからね。
親のくせに動揺してとか大袈裟にとか思いませんよ。親だからの反応だと思います。なので自分を責められることのないように。
発達障害なのかそうでないかは 専門家の方の意見を待つとして それまでは 娘さん二人と落ち着いて暮らされることですね。引っ越しなど忙しいときに 大変ですけど がんばってください。
もし 気持ちに余裕があれば・・・ 発達障害といっても自閉症の息子さんをもたれてるお母さんのブログなでんですけど見てみてください。まじめな話も ふまじめな話も混在してますが 明るいブログです。わたしの友達なんですけどね。
http://ameblo.jp/sansunson123/entry-12004483227.html さんさんさんなささきのブログ

  1. 2015/03/22(日) 23:21:13 |
  2. URL |
  3. ヒロ
  4. [ edit ]
教育関係の仕事をしています。
早いうちにわかって良かったと思います。
これから、いろんな事で対処が出来るからです。中学生くらいになってからだと、親が受け入れられず、怠け者ややる気のない子としかみなされず、子供が一番辛い思いをしてしまうからです。
駄目なことは駄目、良い事は良いと、当たり前の事を当たり前の事として教えてあげて下さい。但し、お子さんがどうしても出来ないこと、我慢出来ないことが、起こります。その時は、それがその子の個性だと受け入れられるように日々愛情を持って接してあげて下さい。小学校に入ると、他の子と違いがわかるようになるかもしれません。しかし、第二次成長期を迎えると多動も徐々に落ち着く子が多いです。まずは、知識をしっかりつける努力をして下さい。そうすれば、お子さんが持っている光る何かを見つけられるはずです。光る何かを見つけられれば、将来の方向性や進路も自ずと見えるはずです。1人で悩まずに専門家に相談して、親が悩み過ぎないようにして下さい。

  1. 2015/03/22(日) 23:54:52 |
  2. URL |
  3. totan
  4. [ edit ]
はじめまして。
親として思いもよらなかったことに遭遇して、随分と混乱されていらっしゃるのだと感じました。
しかしながら、自分で色々と整理しようとされていて、すでに前に進む一歩を踏み出そうとしており、なおかつ、子どもさんを愛して育てるとおっしゃっているので、個人的には大丈夫なんではないかと感じました。

私は、様々な障害をもつ成人の方の支援をしています。
なぜ大丈夫と、いわゆる安易に感じるかもしれない「大丈夫」という言葉を使ったのかというと、概ね先天性の障害を持つ方々が成人して、個々が自分らしく生活されている方々は、普通に愛されて育ってきた方が多いです。
その際に、障害の重い軽いは関係なく、気付いていたけど先送りにしてきた場合は影響している場合があります。また、遅くに気付くより早く気付いていた方が、本人の力が顕在化している場合が多いです。

つまり、その子の障害にスポットが当たってしまいがちですが、障害も含めてその子だとすると、その子自体を認めて育てるのが、好影響を与えています。

そういった成人の方々をみていると、uraraさんがすでに子どもさんに向き合う姿勢を見せてらっしゃるのを言葉から感じて「大丈夫」だと思いました。

実際、障害を持ってても、自分の力や努力、環境などでサポートなしで生活される方もいますし、サポートを受けながら生活する人もいます。どちらにせよ、障害を持つ方(家族)が自己理解され、社会資源をよく知ることで、どのような状況でも対応しやすい状況、安心感をつくるのは大事だと思います。

確かな専門家や確かな情報や実態で判断していくのをお勧めします。ネット情報は取捨選択が難しいので、信頼がおけるサイトの情報を選ぶ、参考までにするのを心掛けた方がいいでしょう。

専門家としての医師などでもセカンドオピニオンも時には必要です。精神医療の分野ですが、歴史が浅い分野なので、正直詳しくない医師などもいます。

これから、大変な場面もあるかもしれませんが、親としての愛情を基本に、確かな知識のもとに対応するのをお勧めいたします。あとは、結局は人相手の子育てには変わらないので、適度にいい加減に息抜きながら。

今後もブログ楽しみにしています。実は時々見せて貰っていました。
それでは長くなりましてすみませんでしたが、失礼します。

  1. 2015/03/23(月) 07:45:02 |
  2. URL |
  3. 空飛ぶパパ
  4. [ edit ]
家造りブログ楽しく読んでます。
突然の記事にビックリです。ADHDについては僕も無知ですが、
我が家にも2人の子がいるので少しコメントを、
読んだ限り、何処に問題があるのかわからないような、子供あるあるにしか思えないし
我が子にも当てはまる事ばかりです。
子供の行動なんて理解不能な事ばっかりだし
ADHDの事はわかりませんが、病気と言うより個性なのでは?くらいにしか思えません
それくらいの事で3歳児を病気のカテゴリーに当てはめようとする医療機関にたいしても疑問と不信しかないです
勝手な事いいますが、五体満足なら、あとは個性です
いい面がある反面で欠点があるのは万人に当てはまると思います。
欠点をカバーする為に努力していい面があったりしますよね
普通に育っても大人になって事件起こすような人もたくさんいます
イチローの集中力が凄いのも何かの病気の症状だそうですが、普通にテレビ出て、多くの人と関わり、スーパーメジャーリーガーです。年棒18億円ですw
それ病気じゃなくて才能じゃん。
まずはお母さんがドーンと構えている事が大事だと思います

僕も専門知識ゼロで勝手な事書きましたが
ブログにかいてスッキリするならまた書けばいいと思います

  1. 2015/03/23(月) 14:37:16 |
  2. URL |
  3. hime
  4. [ edit ]
Uraraさんこんにちは。
私の娘はブログの紹介文にも書いてある通りADHDではありませんが、
ADHDと同じ発達障害の1つであるアスペルガー症候群と3歳3カ月で診断を受けています。
当時は、まさか自分の娘が…と不安と絶望で何度も何度も涙を流しました。
この気持ちは同じ経験をした人にしかわからないものです。
なので、URARAさんのお気持ちもお察しいたします。

さて、娘さんの様子を読んだ限りではウチの娘と似ているな~と思いました。
過集中、気持ちの切り替えが苦手、わがままだと思われてしまうところ等です。
ウチの娘も叱ると更に手に負えなくなります。
憎たらしいほど育てにくい娘ですが、それでも誰よりも愛おしい存在です。
URARAさんもそうですよね?
親の癖に,偏見だ,情ないなんて思う必要無いですよ。
障害の有無にかかわらず、時には育児に疲れてその愚痴を
ブログに綴ってもいいと思います。
というか、ブログってそおいうモノだと思います(^^;)

そしてもし、発達障害との診断名がついてしまいましたら、
娘さんの特徴を良く理解して世界で一番の味方になってあげて下さい。
発達障害の人は大人も子供も孤独です。
人間関係でトラブルを抱えやすく心に傷を負ってしまう事も多々です。
子共は親に愛されているという実感で精神が安定します。
私は、それが少しでも娘に伝わるよう毎日大好きだよってしつこいくらい伝えています。

長々すみません。お知りになりたい情報では無いかも知れませんが、
コメントさせて頂きました。

  1. 2015/03/23(月) 16:12:14 |
  2. URL |
  3. 道化師
  4. [ edit ]
ウチの子もたぶん検査にひっかかると思いますよ…
うららかさんの中でもう気持ちは決まってるじゃないですか(゜▽゜*)

私の可愛い娘

それがすべてじゃないでしょうか?

うまく言えないのですが、僕は自分に子供が産まれた事が人生最大の幸福です( ・∇・)
幸福をくれた息子に恩返しをしたいって感じです
多分、僕はキチガイだと思います( TДT)自分はバカにされようが他人からどう思われようがどうでもいいです( ・∇・)

ただ嫁や子供がバカにされたら(常識的に此方に非がない場合)絶対に許しませんし手を出すかもしれません( ; ゜Д゜)

とても失礼な事を言うのですが、僕、嫁がうららかさんと同じように悩んでいた時は僕はこんな感じでした
通常口調で失礼します

「気持ちはわかるがお前が悩んでどうすんの?なんかが分かるの?俺なんかよりお前の方が子供に影響力あるんだから子供はママが悩んでいれば表情の変化くらいわかるだろ?まだはっきり決まったわけでもないし、障害があったら、子供を嫌いになんの?ならないなら今悩む事はないし、障害があったとしても、障害って壁だろ?障害物競争だってきちんと順位はあるがゴールできるだろ
だったら俺とお前で壁を突破しやすく、梯子を用意したり、回り道を見つけたり、ゴールできるように力を貸せばいい、悩むなら障害についてより、突破方法だろ?」
って、嫁に一度言った事があります( ; ゜Д゜)

うららかさん悩んでいる時にこんな言い方をしてすいません…

冷たいセリフなんですが、僕は嫁の事大好きなんですよ( ・∇・)恥ずかしいですが大好きな嫁に対して僕が言った言葉です
けしてうららかさんをバカにしたり批判したりするつもりではない事をわかっていただけたらと思います

皆様へ

  1. 2015/03/24(火) 06:32:15 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
皆様、沢山のコメントをどうもありがとうございます。
沢山の方より温かいコメント・参考になるコメントを頂き、大変感謝しております。

読む度に目が滲んで、何回も読み返させて頂きました。

今すぐ皆様に返信すべきなのですが、お一人お一人毎に返信したいので、もう少し時間を下さい。

今すぐ専門機関に相談を…と思っている気持ちとは裏腹に、3月末には引っ越すよう夫母から言い渡され(夫母の通う占い師からの通告です)、空き時間には荷物の移動を一人でちょこちょこやらねばならず、
職場では移転の話が私が動かないと進まないそうで、事務局でも工務店でも足踏みして困っているそうです。

今週末には長女のピアノの発表会もあるので、今週はレッスンも過密で、ちょっと次女のことは先送りになりそうです。決して見て見ぬ振りをしている訳ではありません…。

保育園の先生には、事情を話し、気になる点については事細かに連絡帳に報告を頂けることになりました。

とりあえず受診を…と調べたところ、かかりつけの小児科とは別に、休日診療でお世話になった小児科が小児神経科?児童精神科?に対応しているようで、とりあえずそちらで相談してこようと思っています。

次女は、最近赤ちゃん返りのような行動が目立ちます。(3人目は授かっておりません…)
とにかく物を投げる。無駄に長女を攻撃する。長女はあまりに酷いので、乱暴な妹なんて要らないと泣いておりました…。
おっぱいを吸いたがる。赤ちゃんみたいに抱っこして!と毛布に包まれて抱っこしたがる。やりたくないことは「リィちゃん小さいからできないの」と自分を庇う…ナドナド、甘え大爆発です。

今までならやれやれ…と呆れ半分で甘やかしたり叱ったりしてきましたが、今回の宣告を受けてから、何かと行動が気になり始めて、多分過反応しております。そういうのも次女は感じて、過剰に赤ちゃん返りをしているのかもしれません。そしてその分長女には寂しい想いをさせているらしく、昨日ご本人より苦情を頂きました…。

そんな訳で、申し訳ありませんが、皆様にはゆっくりですが必ず返信させて頂きますので、よろしくお願い致します。

率直に書きます。

  1. 2015/03/24(火) 22:15:45 |
  2. URL |
  3. なお
  4. [ edit ]
教育関係者です。
ブログを読んで、やっぱり…と思いました。というのも、以前の記事に書かれた娘さんの様子を見て、ADHDの傾向があると感じていたからです。もしかしたら自閉的傾向も併せてもっているかもしれませんね。
まずは専門機関を受診し、きちんと発達検査を受けるべきでしょう。発達障害をもつ子どもたちの中にはADHDとLD、アスペルガーとADDのように、複数の障害を重複して抱えているケースもあります。
また、ひとくちにADHDといってもその現れ方は様々です。
まずはお子さん自身のことをよく知ること。発達検査はその助けとなるでしょう。ただ、障害名に囚われないでください。その子自身をしっかり見てあげることが大切です。
仕事柄、発達障害をもつ子どもたちと日々関わってきました。
発達障害をもつ子どものなかには、障害を理解してもらえず、ただわがままな子、乱暴な子、変わった子としてしか理解されず、親に叱られ、先生に叱られ、友達に嫌われて苦しんでいる子が少なからずいます。
非行に走る子、不登校になる子、引きこもりになる子は、何らかの障害をもつ割合が高いという調査結果もあります。
発達障害をもつ子がのびのびと、その個性をいかして生きていけるかどうかは、親や周りの大人がどのように関わるかにかかっています。そして、周りの人々に理解され、適切な支援を受けた子どもは、障害の特徴を知り、自分を知ることで、自分自身を支援することができるようになります。

発達障害をもつ子は、他の子よりも叱られることが多いです。
どうか、お母さんお父さんは、子どもを叱らないでください。できないことに目を向けるのではなく、できることを見つけて褒めてあげてください。たくさんたくさん褒めてあげてください。でも、危険なこと、人として許されないことは、きちんと叱ってあげてください。わかるように教えてあげてください。

コメント見ました。お母さんの動揺が娘さんに伝わっているようですね。もやもやを抱えて過ごすより、きちんと検査を受けて覚悟を決めることが大事だと思います。
姉妹関係も難しいですね。ついつい妹の方に目がいきがちだと思いますが、お姉ちゃんのフォローもしてあげてくださいね。

日々お忙しいことと思いますが、がんばってください。

どんぐりんさん

  1. 2015/03/25(水) 16:09:58 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。何回も読み返させて頂きました。

仰る通り、専門機関で診断して頂くのが、娘にとっても私にとっても、一番良いと思います。

落ち着いた暮らしはまだ送れそうにありませんが、しっかり娘と向き合ってみようと思います。

ブログのご紹介ありがとうございます。時間ができたら覗かせて頂きます。

色々とありがとうございました(o^^o)

えみりん♪さん

  1. 2015/03/25(水) 16:38:30 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。お気持ち、とても共感し、胸に刺さりました。私も全く同じ気持ちです。

そうですね。認めたくない気持ちは今でもあります。どうして私の子が?少しだけ人よりワガママで、気性が荒くて、頑固なだけなのに、これが障害?その分すごく愛らしい所もあって、こんなに可愛い娘なのに。これが本音です。次女の性格が障害なら、長女のおっとりしすぎている所も、私がルーズな所も、夫が人の話を聞いてない所も、全部障害じゃないか!!と…無茶苦茶言ってます。

その反面、早く対処して育て方のコツを掴むことで、娘も私ももっとスムーズに暮らせるなら…。
そして、近い将来(幼稚園や小学校に上がって)他の子とうまくやっていけるようになるなら、早く泥沼(傍目から見てワガママで自己チューで頑固というレッテル)から助け出してあげたい…。そうも思います。

その為に、薬の処方が必要なら、それも受け入れたいと思います。

聞きたいことは沢山あるのですが、今はとりあえず、目先の仕事を片付けて落ち着いてから、しっかり娘と向き合って、一緒に闘っていこうと思います。手を差し伸べて頂いて、本当にどうもありがとうございました。

どうぞ、また、鍵コメで構いませんので、娘のことを書いていたら、声をかけて頂ければ嬉しいです。図々しくてスミマセン(;^_^A

どうもありがとうございました(o^^o)

ヒロさん

  1. 2015/03/26(木) 06:35:25 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。とても参考になりました。わかりやすいアドバイスで、スーッと理解できました。

良いことは良い、悪いことは悪い、当たり前のことを当たり前に教える…。これが今、一番苦戦している部分でもあります。

人の狡さや間違いは良く見ていて、あんなことしちゃダメだよねぇーとチクリに来たり、直接注意したり、そういう時は多々あります。保育園の先生も笑いながら教えてくれました。家でもそうです。

ただ、自分の狡さや間違いにはすごく甘いです。まぁ子供なんて皆そうだと思ってましたが(;^_^A

長女が素直で手がかからない子だったので、家族はどうしても比べてしまうようです。私もそうでしたが、あれからは全く違う人間だと認識し、区別しています。でも全く違う育て方…というのが分からず、やはり専門家の方に相談しなければと思っています。

今でもそうですが、これからも一生、日々愛情を持って接していこうと思っています。

どうもありがとうございました(o^^o)

  1. 2015/03/26(木) 13:48:58 |
  2. URL |
  3. ねむりん
  4. [ edit ]
初めまして。
タイトルからこちらのブログにお邪魔させていただきました。

実はうちの子も多動傾向があったため、現在デイサービス(療育の様なもの)に通っております。
私自身一人目の子でしたが、成長するにつれて育てづらさや保育園でのお友達との比較で『もしかしたら…』と思い、1歳半健診の際に相談して今に至ります。

たしかにADHDの子は、順番を待つ・座って静かに待つ・同じ場所で待機する。と言ったことは苦手な子が多いかも知れません。
それが年齢が大きくなるに連れて目立ってくるので、今回の3歳児検診で言われたのかも知れませんね。
まだ診断もされていないので心配し過ぎずに、相談診察が出来る日までじっくりお子さんの様子を見て観察してください。
診断名がつかない事もありますし、やっぱり。って事も有り得ますが、ADHDの知識を持っていることは悪い事ではありませんので。

私の場合は小学校に入るとどうなるのやら。そしてはたして普通学級に行けるのか。という悩みはあるのですが、正直今はこの子に合った声かけをするのが精いっぱいです。
分かっていても、『毎日言ってるでしょ!』と叱ってしまうし、本当こちらが力を抜く場所を見つけないとやっていけません。
とくにうちは男の子なので、危険なこと(自分はもちろん、他人に対しての事)を教えるのに必死です^^;
お友達とは上手くやっているようですが、たまに遊びを途中で抜けて怒られたりしてます。

ただADHDは、治る病気ではないけれど症状を抑えたり周りのサポートを頂いて、自分で気持ちの抑制が出来るようにトレーニングをすれば普通に進学してお仕事をすることもできると信じています。
もちろんADHDだけでなく他の病名がプラスしてつくこともあるでしょうし、LD(学習障害)も伴っていることもあると思いますが、親がサポートすることで本人が自信をもって社会で自活できるように応援してあげたいと今は思っています。
本当、親は大変ですが^^;

いろんな本が出ていますが、amazonで☆が多いものなどを図書館で借りて読んでみるといいかもしれません。
私も読みやすい本ばかりですが読んでいます^^



こんにちは

  1. 2015/03/26(木) 13:54:12 |
  2. URL |
  3. kingyoda
  4. [ edit ]
いろんなお子さんに、からだの使い方、人との接し方などを教えたり考えさせたりすることを仕事にしている物です。
ADHDのお子さんや自閉症、共感覚をお持ちのお子さんなどいろいろなお子さんと一緒に生き抜く力をつけるため、共に歩み続けております。

専門家と言われる方、知識をお持ちの方は、行動や症状が似ているとすぐにカテゴライズされる傾向があります。
たしかに、そうなのかも知れませんので、否定するわけではありません。

しかし、私は多動と判断された時、まず考えることは、「なぜ、多動なのか?」と考えます。

私が接してきた多くの多動性と診断されたこどもの多くには共通することが一つあります。

それは、眼球の使い方が 下手、わかっていない、偏っている。ということです。

目は見えております。大抵それが前提であらゆることがスタートしますが、物をどの様に捉えたり、追ったり、目標を切り替えたりすることはだれも教えません。見たものを正確に素早く脳に伝えるための能力の開発など行いません。脳に得られた情報を加工し未来を想定する能力やコツなどはだれも教えませんよね。

わたしがこどものころは、自然の中で駆けずりまわっているうちに自然に身につけることができました。遊びを通して、自分でたくさんの経験をすることで、身につけることができたのです。

しかし、現代のこどもたちは安全な環境な中で、非常に限定された目玉の使い方しか身につけていないこどもが増えてきています。

一度「ビジュアルトレーニング」に関してお勉強されてはいかがでしょうか?

目玉を使った遊びの大切さが分かれば、たくさんお子さんに提供することができると思いますよ。



何をみたらいいかわからないので、動き回る。
どう見たらいいのかわからないので、混乱している。
見た情報を処理できずに、ストレスがたまっている。

正確な情報を大量に素早く脳に伝えることができなければ、行動や症状は正常にはみえませんよね。

ADHDと判断されたことに惑わされず、客観的にお子さんと向かい合ってお子さんの本当の姿を理解してあげてください。

結果がどうあれ、大事なことは、最終的にお子さんと向き合った状態ではなくお子さんと同じ方向に向くことです。同じ目標を捕らえてなければ、物事は進みません。

どんな結果になろうと、気にしないことです。

ADHDで悩んでいたご両親に言った言葉があります。
「私たちが普通なのではないかもしれません。実は彼らが本当は普通で、私たち普通でないのかもしれません。
たまたま今いる社会が環境の中で、彼らは普通でないかのように評価されているだけなのかもしれません。環境が整いさえすれば、彼らは驚異的な才能や能力を発揮するはずなのですから。アインシュタインやエジソンのように。ですから、かれらに最適な環境を私たちが早く見つけだすと同時に、私たちのレベルでの生活もできるような多彩な能力を身につけさせてあげればいいのですよ。」


totanさん

  1. 2015/03/27(金) 06:51:43 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントどうもありがとうございます。

返信が遅くなり、大変申し訳ありませんでした。

とても参考になる内容で、何度も繰り返し読ませて頂きました。

専門家にかかる際には、セカンドオピニオンも十分頭に入れて、1箇所での診断だけを鵜呑みにしないようにしようと思います。

娘に限らず、人は長所も短所も持ち合わせての人格ですものね。欠点を含めた娘を、娘だと理解し、受け入れ、育てていこうと思います。

家ブログの方も、多忙な毎日が落ち着いたらじゃんじゃん書いていきますので、またどうぞ寄ってやって下さい。実はこれが現実逃避なストレス発散だったりしますので…。

どうもありがとうございました(o^^o)

ぽっけちゃん

  1. 2015/03/27(金) 07:23:03 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
こんなコメントしにくい記事にコメントどうもありがとう。
そしていつにも増して返信が遅れてごめんなさい(>_<)

あ、小さいお子さんを育児中の方…とか書いたから、強制的だったかしら(;^_^Aなんだかごめんね。

私も、娘の特徴って、そんなに目に余ることばかりでもなくて、実際クラスのみんなも似たり寄ったりなんじゃない?と保育園のお迎え時に見て思ったり。検診中も勿論思ったよ。

でも、そういう指摘を受けてしまったってことは、第三者(この場合は内科医)から見れば、他の子以上に気になる部分があったのかなぁ…と。

それでも、際立って人と違うような所は無いと思ってるし、実際数日間まじまじと娘を観察したり、濃厚に絡んだりして、パターンとして娘が何を嫌がるのか、何を避けるのか、キレ出すタイミングとか、色々わかってきて、毎回その日の気分でキレてるわけじゃないのかも…って少しずつ見えてきたというか。

今まで、何か悪いことをしたことに対して、つまり結果に対してだけ、注意したり、叱ったりしてきたけど、そうなった過程をじっくり見ていたら、気持ちが行動に反映していたことがわかってきたり。

あとは、例えどんな理由があれ、悪いことは悪いと教える…。これがなかなか伝わらない…。

こんなの、子育ての基本の基本なはずだよね。長女が赤ちゃんの頃は、しまじろうのDVDとか一緒に見ながら『しまじろうは一緒に遊びたかったんだよね?だけどお友達のものを取ってはいけないよ?お友達が嫌な想いをするでしょう?』とかなんとか、参考になるような声かけを真似して、過程もじっくり見ていたはずなのに。

次女の子育ては、忙しさにかまけて、それに2番目ってことで慣れたつもりで手を抜き過ぎてたんだなってしみじみ思ったよ。

もしかしたらADHDなのかもしれない。でもそうじゃないかもしれない。だけど、娘が人より幼いことは確かだから、これからも時間をかけてじっくり向き合っていこうと思ってるよ。

就学前が勝負なんだって。保健師さんから言われた。就学前に親が十分に善悪の判断と気持ちのコントロールを教えてあげると、案外すんなり学校生活に馴染めるって。
もちろん、条件として、多動の傾向が今のまま程度の状態ならね。

だから、ぽっけちゃんの娘さんは何も言われなかったんだから大丈夫!!ほんと、みんなそんなもんだって!(^o^)/
うちの娘の保育園の先生からも「他の子と全く変わりませんよ!お母さん気にし過ぎ!!」ってたしなめられちゃったもん。

励ましてくれてどうもありがとう(o^^o)ぽっけちゃんからコメントもらって、すごくホッとしたよ。ありがとうね。嬉しかった♡

毎回更新の度にweb内覧会読んでるよ♪そのうちいつもの連コメントしに行くから、もちょっと待っててね(^_−)−☆

「障害」という言葉

  1. 2015/03/28(土) 08:52:24 |
  2. URL |
  3. さち
  4. [ edit ]
はじめまして。
「障害を持っているのかもしれない」との診断、突然のことでとても動揺されたかと思います。同じくらいの子を持つ親として、よくわかります。

でも、その診断を前向きに捉えることはできませんか。
ワガママに育ててしまった…と書いておられますが、それはuraraさんのせいでも、娘さんのせいでもなかったのだと。一昔前ならそんな病名(と言っていいのかわかりませんが)もなかったため、「協調性がない」「言われたことができない子だ」と親の躾や本人のせいにされていたのです。でも今はそれが誰のせいでもなく、脳の構造がそうだった、ってわかったのです。

脳の構造っていうとショックかもしれませんが、たとえば男女で脳の構造が違うので、男性からすれば女性は空間把握障害です(地図が読めない)。女性からすれば男性はコミュニケーション障害です(人の話聞いてない!)。uraraさんの仰るように、おっとりさんの脳を調べればきっと違いが出て、名前をつければおっとり障害になるし、ルーズな人だって同様です。右利きからすれば左利きは右手機能障害でしょう(ADHDの発症率は左利きになる率の半分くらいみたいですね。あんまり特殊なことじゃないってことです。)「障害」というのは、その状態じゃない人たちがそう名付けただけのことなので、そこにこだわる必要はないと私は思っています。

障害ではなくADHDという性格、という捉え方でいいと思いますが、ADHDで困ることはやっぱりあると思います。おっとり障害やルーズ障害でも困ることはあると思いますが、これらに対処方法や薬がないのに比べ、ADHDには対処方法も研究されているし、薬もあるし、今は周囲の理解も進んできています。これって周囲はもちろんのこと、何より本人がとても助かることだと思いませんか。


話は変わりますが、10年ほど昔に家庭教師をしていて、ADHDの中学生男子とADDの中学生女子を教えたことがあります。ふたりとも幼いころに診断を受けたそうですが、親がきちんと受け止めて対処し、適切に薬も使うことで、今では一人は大企業に就職し、もう一人は大学院に行っています。
エジソンみたいな天才じゃなくても、ふつうに暮らしているADHDの方たちはたくさんいるし、娘さんがADHDだとしても、それは他の子に劣っているわけではないのです。

空飛ぶパパさん

  1. 2015/03/28(土) 09:09:50 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。

いつも楽しくweb内覧会読ませて頂いています。コメント残さずすみません。お風呂のパネル、可愛いですね(^ ^)こんな雰囲気の色を好まれる奥様なら、キッチンの扉の色も納得かな?と思います。

返信が遅れて申し訳ありません。

空飛ぶパパさんからのコメント、とても元気が出ました。あぁ、娘の集中力は才能なのか…と思えました。すごく励まされました。

そうですよね。私は今、現在、娘に障害があるのか?と動揺していましたが、本当に大切なのは、最終的に良識ある人間に育てること。それが子育てですよね。今の娘の状況に捉われすぎていました。

イチローのように、才能を発揮できる人生にしてあげるべく(イチローは大袈裟ですがw)私も親として!どーんと!構えられるよう…、しっかりしたいと思います…。

どうもありがとうございました(o^^o)

ぴざ子さん

  1. 2015/03/29(日) 04:43:51 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。

返信が遅くなり、大変申し訳無い限りです。

ぴざ子さんからの励ましコメント、とても優しくて嬉しくてジーンときました。

私は相変わらず元気にしております。私の心配をしてくださり、どうもありがとうございます。強いて言えば、多忙過ぎて疲労が抜けない感はどうしても残りますが…。

ラル・リラはブログでのニックネームです♡改めて呼ばれるとなんか恥ずかしいですねw
ラルはリラからの攻撃と、ママが忙し過ぎる&リラを気遣うので、かなりストレスが溜まってるようです。これでも小まめにフォローしたり2人きりの時間は作っているつもりですが、妹が出来てからずっとそう心掛けて来たので、大して対応が濃厚になった訳でもなく、ストレスも解消されないようです。例え解消されても、夜にはまた喧嘩勃発…(ー ー;)

ぴざ子さんこそ、大丈夫ですか?今回のことで、私もそうなのではないかと考えてしまいました。ぴざ子さんにとって、どうか抱えていらっしゃる問題が良い方向に導かれますように…。

励まして頂き、本当にありがとうございました(o^^o)

himeさん

  1. 2015/03/29(日) 05:21:18 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。

返信が遅くなり、大変申し訳無いです。

こんな複雑などっち付かずの心境を察して頂き、どうもありがとうございます。私もこの気持ちは、経験しなければわからないものでした。

憎たらしいほど育てにくいけど、誰よりも愛おしい…。まさにその通りです。
本当に可愛いんです。姉よりも甘えるのが上手で、いつの間にか膝に座っていたり、絡みついていたり、忍者のような子です(;^_^A
顔立ちも小動物系でつぶらな瞳なのに黒目がデカイので、抱っこしながら見上げた顔なんかたまりません!思わずぎゅうってしちゃいます♡
…お姉ちゃんももちろん可愛いですよ!!第一子への想いは格別です。それがあっての末っ子の可愛さなんですよね(o^^o)

世界で一番の味方に…。心に響きました。このコメントを頂いてから、誰よりも娘の味方になろうと、家にいる時は娘をよく観察してきました。そして、悪いことに繋がる前に阻止すべく声かけし、それでも衝動が止められなくて実行してしまっても(物を投げたり、姉を叩いたり、テーブルに上がったり、です)叱るのではなく受け止めて言い聞かせて…。
当たり前のことを当たり前のこととして教える。別の方にもコメント頂きましたが、今の娘には、これが一番大切だと思い、根気よく教えています。叱らずに教える、こう心掛けて接しています。

私も、娘が生まれてから今日まで、毎朝毎晩必ず「大好きだよ」と伝えています♡2人の髪を撫でながら、抱きしめながら。これは上の子が赤ちゃんに嫉妬して不安定にならないようにと始めたことだったのですが、今では娘達とも度々「ママ大好きだよ」と甘えたい時に抱きつきながら言ってくれます。私もまた、その言葉に満たされています♡

himeさんに声を掛けて頂き、とても嬉しかったです。

すごく共感でき、また心強いコメントをどうもありがとうございました(o^^o)

道化師さん

  1. 2015/03/29(日) 05:40:14 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントどうもありがとうございます。

いつにも増して返信が遅れてしまい、大変申し訳無い限りです(T_T)

いつもの道化師さんからのコメントとは違う感じのコメントで、ちょっとびっくりしましたが、とても嬉しかったです。

大好きなお嫁さんに放った言葉を、私にも投げて下さり、ありがとうございます。
道化師さんの言葉、ちゃんとあったかいです。嬉しいです(o^^o)

そうですよね。障害かどうか、より、そのハードルをどうやって乗り越えるか、ですよね。すごく勇気が湧きました。

今の現状を悩むより、将来良識ある大人になれるよう、根気よく育てていきたいと思います。

道化師さん。いつもありがとうございます。そして今回も、素敵なメッセージをどうもありがとうございました(o^^o)

kaechiさん

  1. 2015/03/31(火) 06:07:21 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございました。

返信が大変遅くなり、申し訳無いです。

kaechiさんのコメント、すごく納得できました。結論も全くその通りだなと思います。

発達障害の「障害」という言葉に過敏に反応し過ぎていました。

世間一般的に育てにくい子だとしても、私は娘を親として善悪の区別のできる人間に育てていく責任があり、それは親であれば誰もが背負う責任であること。ただ、他の子より育てにくい分、時間と工夫が必要なのですね。

とてもストレートに書いて頂いたので、私もすーっと理解することができ、抱えていたモヤモヤもすーっと晴れていきました。

人より手のかかる娘ですが、最愛の我が子です。親として、しっかり育てていかねばと思います。

どうもありがとうございました(o^^o)

なおさん

  1. 2015/03/31(火) 06:28:24 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございました。

返信がこんなに遅くなり、申し訳無い限りです。大変失礼致しました。

前に書いたブログの記事に、ADHDを疑う内容があった、とのこと、なんですと??驚いて読み返しました。

これかな?と思う記事まで遡りましたが、そうか、プロの方はこんな症状だけで傾向を見抜くんだなぁと恐れ入りました。

まだ発達検査へは行けていません。先延ばしにしたくは無いのですが、どうしても時間が作れません。そうこうしている間にも、娘は日々成長しているので、なんとか早めに対処しようとは常々思っています。とは言え、思っているだけで行動しなければ同じですよね。今週は本当に無理なので、来週には仕事を抜け出して、病院へ行ってこようと思います。

なるべく叱らずに、と思っているのですが、やはり悪いことは悪いと教えなければならないので、根気が必要です。長女のフォローもしているつもりですが、次女にかまうだけでヤキモチを妬く甘えん坊なので、同じように濃厚な子育てをご所望のようで、最近は朝も夜も濃厚な子育てタイム、日中は仕事に追われ、ブログどころではありません…。私が不器用なだけですが…。

率直なご意見をどうもありがとうございました(o^^o)大変参考になりました。

にぃさん

  1. 2015/03/31(火) 06:47:20 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントありがとうございました。

返信がこんなにも遅くなり、申し訳無い限りです。大変失礼致しました。

にぃさんのブログ、私もちょこちょこお邪魔しております。こちらこそコメントも残さず申し訳ありません。

コメント内容、大変参考になりました。こちらで深くは触れませんが、本当に納得できる話ばかりで、心に沁みました。

娘は加配は受けておりません。保育園の先生と昨日も話しましたが、今現在、他の子と目立って違う行動は無いとのことで、以前書いた・座って給食、・並んで歯磨きなども、2歳だった去年の1学期は手がかかりましたが、今では全く問題なくみんなと一緒に行動できているとのことで、何も心配しなくていいと再度先生から念を押されたところです。

逆に私が過剰に気にし過ぎることで、娘に不安とか伝わってしまっているらしく、ここ最近気持ちが落ち着かず、ちょっとしたことでお友達に手が出てしまうらしいです…。
今まで以上に愛情を口で伝えて、度々抱きしめているのですが、娘には母の気持ちがわかってしまうもんなんですねぇ…。

前の方の返信にも書きましたが、来週には病院へ行く予定でいるので、なるべく早く適切なやり方で、娘をスムーズに育てられるようになりたいです。そして娘も安心して毎日過ごさせてあげたいです。

どうもありがとうございました(o^^o)

ねむりんさん

  1. 2015/03/31(火) 07:00:11 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
コメントどうもありがとうございました。返信がこんなにも遅くなり、申し訳無い限りです。

もう少し大きくなれば、今以上に顕著に特徴が現れてくる…。なるほどです。

今日で今の担任の先生が異動になってしまい、明日から進級して新しいクラスになります。新しい教室、新しいお友達、そして新しい先生。今の先生方を娘は大好きだったので、また不安定にならないか心配しています。今の担任の先生も、心残りだと言って下さいました。

病気というより特徴だから、適切なサポートで健常児と同じ生活を送ることができる。この内容にも救われました。

娘の為にも、なるべく早く適切な判断を受け、正しい接し方を教わり、サポートが必要なら対処して、この特徴をうまく抑えながら暮らしていければと思います。

近くに図書館は無いので、書店やネットで簡単そうなw本を探して読んでみようと思います。

貴重なアドバイスをどうもありがとうございました(o^^o)

はじめまして

  1. 2015/04/03(金) 01:49:51 |
  2. URL |
  3. ちーさ
  4. [ edit ]
新築建設をこれから進めるものです。

色々と拝見し参考にさせてもらっております。



私の4歳の娘は、ADHDではありませんが、自閉症スペクトラムです。
アスペルガーと言った方が分かりやすいかもしれませんが。。

当初、私が違和感に気付いたのは1歳半検診でした。
その時点では、ADHDだと思っていたくらいの多動でした。
散歩なんて、、もう大変でしたよ(笑)


それから、療育に通い3歳になった頃診断名を貰い作業療法や言語療法に
通っています。

1歳半から今に至るまで、色々とほんと!大変!
と思う事は多々ありますが、、すごく成長しています。

障害と言われても、成長します。

他の子と比べてしまい辛くなったりもするかもしれませんが、
ゆっくりでも成長しますから、大丈夫ですよー!
私の子もこの1年で、発達検査も凹凸はありますが、、同年齢まで追いつきました。


私はと言うと、、診断貰ってもショックを受けなかった稀な母です((+_+))


発達障害を持ってしまうと、学校でいじめられるのではないかとか、
大人にも偏見を持たれるんじゃないかとか、そう思う方も多々いらっしゃるかと思います。

実際に、私の周りでも「療育通ってみたらどうでしょう?」と保健士から言われても受け入れない親御さんもたくさんいらっしゃいます。

診断を受けずに、そのまま年を重ね、、誰が一番困るでしょうか?

お子さんだと思います。

学校で上手くいかない、、学校に行きたくない、、
会社で上手くいかない等起きた場合に、

本人も嫌な気持ちになりますよね。
親もなんで出来ないの?って怒りたくなりますよね?

理由が分かれば対処方法を一緒に考えてあげる事が出来るんですよね。

そう思えば、早い段階で分かった事って得だなーと私は思えました。
無駄に怒らなくて済んでます。

ここだけの話、、夫の父と夫の兄弟も発達障害持ってると思います。。
変わってますので、、(笑)

我が家の場合は、遺伝だと思いますがそれでも、ちょっと面白い人程度で
人生歩んでますよ。

私の子も、4歳過ぎて特性がはっきりしてきた部分もあります。
足し算、アルファベット、ひらがな、カタカナ、パソコン操作。
どれも教えていないのに、、、ほぼマスター。しかも3歳でです。。

勝手にパソコン開いて、、YOUTUBU見てますよ。。

ここまでくれば、、特技だと思います。。


親としては、もう行け行けGOGO!です。

特技を生かして、人気者になってしまえ!と思います(笑)

あまり、参考にはならないと思いますが、、。
コメント残さずにはいられなくて。

多動と、不注意が我が子にもありますので、怪我のないような
この子にとって住みやすい家を模索中です。

uraraさんのお子さんも怪我だけは、気を付けてくださいね。
我が子も頭縫合する怪我してます。。

大変さは本当にわかりますので、、、今後の診断はわかりませんが、
uraraさんは、色々と前向きに受け止めようとしていただいてるので、
発達障害の子を持つ親としてはとてもうれしいです。

色々と偉そうに、すみません。
通りすがりの者ですが、、こう悩んで受け止めようとして勉強して、、
いいお母さんであり、いいお子さんに育つ。としか思えませんので、
頑張ってくださいね(^-^)

kingyodaさん

  1. 2015/04/21(火) 19:30:42 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
はじめまして。貴重なコメントを戴き、どうもありがとうございました。
先に、こんなにも返信が遅くなってしまったことをお詫び致します。

HPに飛ばせて頂きました。お医者様からコメントを戴けるなんて、大変嬉しいです。

> 私が接してきた多くの多動性と診断されたこどもの多くには共通することが一つあります。
>
> それは、眼球の使い方が 下手、わかっていない、偏っている。ということです。

なるほど…。実は娘を眼科に連れて行かないとな~と思っていたので、もしかしたら、その時に異常が見つかるかも知れませんね。

>脳に得られた情報を加工し未来を想定する能力やコツなどはだれも教えませんよね。

確かに。誰にも教わらずとも、自然に身に付いている、いや身に付いていなければならないことですよね。

> 一度「ビジュアルトレーニング」に関してお勉強されてはいかがでしょうか?
>
> 目玉を使った遊びの大切さが分かれば、たくさんお子さんに提供することができると思いますよ。

ビジュアルトレーニング…。全く無知です。勉強してみたいと思います。

> 何をみたらいいかわからないので、動き回る。
> どう見たらいいのかわからないので、混乱している。
> 見た情報を処理できずに、ストレスがたまっている。
>
> 正確な情報を大量に素早く脳に伝えることができなければ、行動や症状は正常にはみえませんよね。

上記の部分に大変納得致しました。

> 最終的にお子さんと向き合った状態ではなくお子さんと同じ方向に向くことです。同じ目標を捕らえてなければ、物事は進みません。

全くその通りですよね。今はまだ娘と向き合ったままですが、2人で前を見て成長していきたいと思います。
貴重なコメントをどうもありがとうございました。

ガーネットさん

  1. 2015/04/22(水) 18:51:08 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
先日は、貴重なコメントを頂戴し、どうもありがとうございました。
コメントを戴いておきながら、こんなにも返信が遅くなってしまったこと、深くお詫び致します。

ガーネットさんの想いを思えば、私の悩みなんてこれっぽっちでしかありません。娘は毎日元気に、人様より活発に走り回っております。これこそ幸せなことだと、今まで気づけずにいました。

こんな私を呆れずに励まして下さり、本当に頭が下がります。どうもありがとうございました。

私はまだまだ未熟で、ガーネットさんへどんな言葉を返したら良いのか、言葉が浮かばず申し訳ありません。

娘の母として、肝を据えて、娘と共に成長していきたいと思います。

さちさん

  1. 2015/05/08(金) 15:33:08 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
先日は大変貴重なコメントを頂き、本当にどうもありがとうございました。返信がこんなにも遅くなり、申し訳ありませんでした。

次女のことに加え、引っ越しと長女の入学、それに職場の移転が重なり、毎日いっぱいいっぱいでブログを開くことができませんでした。

さちさんのコメント、とても励みになりました。覚悟を決めて行動すべきと、気合が入るコメントが多い中、さちさんからのメッセージは温かく、自然に前向きに考えられる内容で、嬉しくて旦那にも実親にも話してしまいました。

おかげさまで、次女の今後について保健師さんと相談し、目標と計画を立てて実行していくようになりました。次女本人は、特に問題行動もなく進級し、毎日楽しそうに園に通っています。

色々とアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。心から感謝いたします。

ちーささん

  1. 2015/05/08(金) 16:20:38 |
  2. URL |
  3. urara
  4. [ edit ]
先日は貴重なアドバイスを頂き、本当にありがとうございました。返信がこんなにも遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

多動と不注意…。実は、この春進級し、特に問題もなく生活できているのですが、怪我っていうか、ドジは多いです。

今のところ大怪我とかはしてませんが、確かに慎重な姉より、転んだとか頭ぶつけたとか、不注意?はしょっちゅうあります。突進して壁に追突したとか。その割に受け身がやたら上手で、大きな怪我には繋がらないです。

これももしかして不注意っていう特徴のひとつなら、今後の面談の材料になりますね。気づかせて頂いて、どうもありがとうございました。

まだまだ不安は尽きませんし、勉強不足で無責任な母ですが、娘と向き合い、娘と共に成長していきたいと思います。通りすがりなのに気にかけて頂き、どうもありがとうございました。

承認待ちコメント

  1. 2017/08/09(水) 12:19:28 |
  2. |
  3. [ edit ]
このコメントは管理者の承認待ちです


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

urara

Author:urara
30代でマイホームを
建てることになりました
シンプルモダンで
快適に暮らせるおうちに
したいと思っています
おうちづくりの経過を
綴っています

家づくりの経過

2013.03 新築計画始動  2013.09 増税前に契約  2013.11 契約一旦保留  2014.04 土地造成開始  2014.06 土地造成完了  2014.07 予算と奮闘  2014.08 間取りが確定  2014.09 詳細の決定  2014.10 着工!基礎工事  2014.11 上棟~建物工事  2015.01 竣工予定だが… 

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。